私が開発したアプリです
カンマ(CSVビューア) シンプルな郵便番号検索アプリ あら!「渡邉」「齋藤」が見やすいアプリ 郵便番号データベースアプリ やさしい たしざん ひきざんやさしい 九九暗算の特訓 アプリ「わり算」

2015年11月26日

新アプリ「暗算の特訓5(AnZan5)」を開発中です。

こんにちは。

急に冬がやってきましたね。
とっても寒いです、

さて、アプリ「暗算の特訓」シリーズですが、最近リリースした「暗算の特訓4」はいまだにダウンロードゼロですが、めげずに次の「暗算の特訓5」を開発しているところです。

今までは、フラッシュ暗算的なものでしたが、今度の「暗算の特訓5」は、フラッシュ暗算にしない予定です。

今回、「暗算の特訓5」を開発しようと思ったきっかけは、地下鉄に乗っていた時に、ふと旅行の広告が目に入って、そこに4桁の料金が縦に5つほど並んでいたので、「合計を暗算してみよう」と思い、やってみたのですが、結構てこずりました。

前作までのアプリで、2桁+2桁などは得意になったので、車のナンバーをたし算するのはできるようになったので、ショックでした。

そこで、料金表を見て、すぐに合計を暗算できるようになりたいと思い、開発を始めたのです。


また、前作までは、答えを入力して答え合わせする機能はなかったのですが、今作は答え合わせ機能を追加する予定です。

答えの入力方法を検討したのですが、Windows8.1やWindows10ではタッチパネルで手書きで答えを入力できるのが自然なようなので、手書き入力できるようにする予定です。
これは、Inkというものを使うと簡単にできることまでわかりました。

以下は、開発中の画面です。
AnZan5開発中の画像

また開発が進みましたら、ご報告します。

なにか、アドバイスなどございましたら、コメント欄にお願い致します。

それでは、また。
posted by たしざんマン at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック